カテゴリ:技

合気道の技について

技は体術・武器術(剣・杖)を含み、対多人数の場合も想定した技があります。
しかし武器を使った稽古はあまりしない会派が多いようです。

技の名称

合気道の技は無限とも言われていますが、これは塩田剛三氏が「歩けばそれ即武道」と言っているように、その時の状況に応じて技の形も変化します。

そして合気道の本質を掴めば、技の形など意味が無くなってくるのです。

そういう意味から技の数は無数に存在するということだと私は思っています。

稽古するうえで基本的な動きは決まっているので、相手の攻撃パーターンの変化 (片手取り・両手取り・胸突き…など) とその攻撃をどのように処理するか (呼吸投げ・四方投げ・小手返し…など) で、技を形成していきます。

例えば、相手が片手を取りに来れば「片手取り」で、処理の方法を「四方投げ」にすれば技の名前は「片手取り四方投げ」となります。

このような組み合わせによって多くの技の名前が決められています。

なかには例外の技もありますが、基本はこのような感じです。

基本的な動作、技の名前

入身

「入身(いりみ)」は、攻撃してきた相手の方向に真っすぐ入っていくことを意味しています。

つまり、攻撃してきた相手と向かい合っている時に、真っすぐ相手の方向に入っていきながら技をかける際に行う体捌きのことで、会派によっ入身で行う技を「表(おもて)」ということもあります。

転換

「転換(てんかん)」は「入身」とは逆で、攻撃してきた相手の方向を尊重して技に発展させる体捌きのことをいいます。

「入身」は真っすぐに入っていく形ですが、「転換」は自らがくるりと方向を変えて相手と同じ向きになります。

会派によっ転換で行う技を「裏(うら)」ということもあります。

一教

簡単に言うと「腕抑え」ということです。

例えば「肩取り一教」という技だと、肩を取りにきた相手をうつ伏せに寝かした後、相手の腕を開き床に抑える形で固めることだと思って頂ければいいと思います。

昔は「一ヶ条」と呼ばれていて、「第一の教え」という意味で、現在では、ほとんどの会派が「一教」と呼んでいます。

二教

形だけを簡単に言えば、「手首を曲げる」ということになります。

この形を細かく文字で解説するのは難しいので、あまり細かなことは言いませんが、分かりやすいように簡単に説明します。

まず自分の身体で試してみてください。

  1. 直立している状態で片腕を前に伸ばします。
  2. 手を内回しにして手のひらが外に向けくようにします。
  3. その手(小指が上になっている)の指先をもう片方の手で掴み、指先が上に向くようにして自分の方に倒していきます。

おそらくを再現すれば、ただ指と手首が痛いだけで終わります。

痛みを感じるというのは、合気道が目指す本来の本質から外れてしまいます。

ではどうすればいいのか・・・

それは、指先を上に向けて顔の方向に指先を倒してくる時に、足の位置は変えずに手の位置を前方に移動させながら指先を自分に向けていきます。

そうすれば、身体が前方に崩れて膝が曲がって行かざるを得ない状態になることが理解できると思います。

これが二教と思って頂ければいいと間違いありません。

三教

簡単に言えば「腕を捻じる」ということになります。

一教から四教の全てに共通することですが、全て相手の腕をどうにかしたいのではなく、相手の中心軸、つまり相手の本体を導くことが大切なのです。

なので三教もただ腕を捻じるだけではなくて、腕を介して相手の身体そのものに気持ちを向けないといけません。

腕を捻じることで相手の身体のゆるみを取り、そこではじめて腕を操作することで相手の本体をコントロールできるのです。

四教

簡単に言えば「痛点を攻める」ということになります。

基本的に身体のどの部分を攻めてもいいのですが、四教の多くは腕の内側に走る「橈骨神経(とうこつしんけい)」に手の人差し指付け根にある骨を当てて圧迫できる状態で相手の腕を取り、その状態で相手を導き倒す技を言います。

しかし合気道で痛みを与える事は好ましくありません。

なのでいつでも痛みを与えられるような緩みのない状態を維持したまま、相手を導くことが大切なのです。


 
技の形が解りやすい動画を用意しましたので、一度ご覧ください。

この動画はあくまでもおおまかな技の形をお伝えする為に用意したものなので、技の形など会派によって違うものあります。

その点をご理解したうえでご覧ください。


呼吸投げ

合気道の技は全てが「呼吸投げ」と言ってもいいと思います。

それでは技のを伝えるうえで不便なので、技の形によって大きく分類分けしてそれらに入らない技を全て「○○○呼吸投げ」と言っているようです。

小手返し

一般的には「小手返し」と言われていますが、会派によっては「小手おろし」とも言われています。

合気道では関節を逆に決めるということもなく、腕などを捻じったとしても、関節を痛めつける為に捻じるのではなく、身体の緩みを取る為に捻じります。

つまり身体を痛めつけるということを行わないのです。

小手返しも同じで、手首を痛めることなく相手を導き倒します。

まず自分の身体で試してみてください。

  1. 直立している状態で片腕を前に伸ばし手の平を上に向け握りこぶしを作ります。
  2. その握りこぶしを前方に少し移動させながら、もう片方の手で上から指先の方向に巻き込むようにしておろします。

そうすると身体は前方斜め下に崩れていくことが実感できると思います。

これが「小手返し(小手おろし)」です。

四方投げ

簡単に言えば、「小手返し」を大きくして相手の肩の後方に手をおろしていく技です。

細かなポイントはたくさんありますが、ただ「小手返し」が大きくなって、相手を後方に導き倒す技だと思って頂いて問題ありません。

もう一本動画を用意しました。参考までにご覧ください。

コメント


認証コード6481

コメントは管理者の承認後に表示されます。