ヨガ・ピラティス・合気道

とても人気がある習い事として、「ヨガ」そして「ピラティス」と言ったものがあります。

人それぞれ魅力を感じる習い事は違うのですが、合気道に関しては「武道」と言うカテゴリーに分類されています。

しかし、「ヨガ」や「ピラティス」は心身を整えるという大きな目的をもちながらも、誰もが気軽に始められるという、少し敷居の低いカテゴリーに属しています。

大きな目的が同じであっても、武道は相手を投げたり押さえたりするような「戦い」の中で発達したものなので、どうしても「気軽に・・・」というのが難しいのかも知れません。


 


そんな気軽に始められる「ヨガ」や「ピラティス」も本来は心の状態を大切にしているのですが、現状はダイエットやトレーニング、健康的な体を得るためのものとして、多くの人は認知しているようです。

「ヨガ」は本来、インド思想をもとにした修行や治療のために用いられ、最終的には呼吸法や瞑想によって、悟りを得ることを目指すためのものです。

そして「ピラティス」は元々、負傷した兵士のリハビリのために、体だけの回復だけではなく、心の傷も癒すために「ヨガ」をベースに開発されたものです。

両方とも精神的な安定を得ることを、目的としたものだったのです。

しかし現状は、「誰もが出来る人気の習い事」として、「気軽さ」とそこから得られる「爽快さ」が取り上げられています。

しかし私は、心の分野や精神的なことを深めるのが好きなので、ただ気持ちが良いだけでは物足りない気がします。

また、「ヨガ」と「ピラティス」は基本的には自分だけで行うものです。

そこで精神的な成長を得るために学んだとしても、どれだけ変化できたのかを確認する術がありません。

つまり健康面や爽快さという効果効能を除いてしまうと、成長や変化を実感できにくいのです。

そんな「ヨガ」や「ピラティス」と違い、「合気道」は技の上達を目指すということよりも、心の成長を重視しています。

それはなぜかと言うと、合気道の技そものが「相手とぶつからないこと」を表現したものだからです。

意識の中で「相手を投げたい」とか「負けたくない」という、相手を敵視した考え方から生れる無意識的な反応を無くさないと、合気道の技が掛からないのです。

だから「力まない」「心を静める」ということが重要になり、それを得やすくするための「身体の状態」も学ぶのです。

合気道は「身体」と「心」、そして「相手との関係性」を成長変化させるためにはとても効率のいい習い事なのです。

もしもあなたが心の成長を求めているのであれば、心の成長を自らの身体で実感できる「合気道」をぜひ始めてみて下さい。

ちなみこちらが、私のやっている合氣道教室とセルフコントロールを目的とした講座の案内ページになります。

興味のある方は、一度覗いてみて下さい。

【心身統一合氣道会 和泉教室】
http://izumi-shinshintoitsu.aikido-shugo.com/

【セルフコントロール講座】
http://self-control.aikido-shugo.com/

コメント


認証コード2919

コメントは管理者の承認後に表示されます。